in コラム

日本と海外のミネラルウォーター。いったいなにがどう違うの?


日本と海外のミネラルウォーター。いったいなにがどう違うの?
日本と海外のミネラルウォーターの違いがわからないという方必見!これらのミネラルウォーターの決定的な違いはのどごしです。
日本のミネラルウォーターはさらりとしたのどごしで飲みやすいですが、海外産はのどごしが良いとは言えず、どこか飲みにくさがあります。

日本と海外のミネラルウォーターの違いを掘り下げて調べてみました。

ミネラルウォーターの定義とは?

ミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインによって制定されており、大きく4つに分けられます。

ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターサのうち鉱化(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が友会した地下水)された地下水を原水としたもの。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラルの調整、ぱっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているもの。

ボトルドウォーター

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のもの(RO水など)を指す。
ちなみに、RO水とはろ過を徹底し不純物を極限まで少なくすることで誕生した「ピュアウォーター」です。ミネラル分を含まないため、内臓が未発達な赤ちゃんに適しています。厳密にいうと、ボトルドウォーターは天然水とはいえません。
※RO水や天然水について詳しくはこちらに書かれています。

硬度が異なる

ミネラル成分の含有量によって味が変わってきます。ミネラルウォーターの成分を確認すると硬度が記載されているかと思います。日本のミネラルウォーターはほとんどが軟水なので、100以下の数字となりますが、海外のものは硬度が300以上及び1,000以上のミネラルウォーターが存在するのです。
また、ミネラルの含有量が増えれば増えるほど硬度も高くなり、必然的に含まれるマグネシウムの影響によって、海外の水を苦く感じることがあります。海外のミネラルウォーターはミネラル補給に適し、日本のミネラルウォーターは飲みやすい水ということになります。ミネラルウォーターを飲むだけでなく調理に利用する方もいるでしょう。
硬度100以下の水(軟水)は、ご飯を炊いたり、緑茶などを煎れたりするのに適しています。逆に、硬度の高い水(硬水)で炊飯をするとご飯がパサパサしてしまうので向いていません。硬水は調理よりも飲用向きで、スポーツ前後の水分補給・便秘解消・ダイエットに適しているのです。

日本と海外で品質基準が異なる

日本のミネラルウォーターは殺菌することが義務付けられていますが、ヨーロッパでは殺菌したものをミネラルウォーターと呼ばず、無殺菌の生水がミネラルウォーターとして認められます。それは、殺菌するために加熱すると、水本来の持つミネラル・酸素・旨味が失われることが背景にあるからです。また、海外におけるミネラルウォーターは、健康を意識した飲料水として流通しているため、その点でも日本と異なります。

殺菌していない海外のミネラルウォーターは安全?

海外のミネラルウォーターは殺菌されてはいないものの、厳しい基準があります。特に水源に厳しく、汚染から保護されていること、水源から直接採水し、空気に触れることなくボトリングすることが挙げられます。このような基準があるので、殺菌をしていなくても問題がないといえます。

おわりに

このように、日本のミネラルウォーターは安全を重視し、海外のミネラルウォーターは天然の素材を重視しているのです。飲みやすさで選ぶなら日本のミネラルウォーターがおすすめです。
また、ダイエットや便秘解消を目的としているのであれば海外の水が味方になってくれるでしょう。